忍者ブログ
さかぶろ

   




インデックスページ

それっぽい記事(?)は
大体ココにまとめてみました 是非、目次として活用下さい


(07/13) 究極の選択
 
(07/13) 札幌 2-1 福岡 J2第27節
 
(07/10) アジアカップ。 と、鳥栖×草津。
 
(07/04) toto結果 第288回
 
(07/02) オールスター投票に参加してみた
 
(07/01) 横浜C 0-1 千葉 J1第18節
 
(06/29) toto結果 第287回
 
(06/27) toto予想 第287回
 
2018'08.19.Sun
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

2007'01.15.Mon
他チームの記事はこちら。(インデックスページ)

5日連続って、結構すごくね?
つまりはどんだけヒマなんだ自分と自問自答の日々。
いや明日テストですけどね。
いずれにせよ(←使い方が違う)多分そろそろ息切れします。

今回は清水エスパルス。ちなみに第9回。
J1は18チームなので、やっとこさ、折り返すわけですよ。

清水エスパルス
J1リーグ 4位
勝点60 試合数34 勝18 分6 負10 得点60 失点41 得失点差+19
ナビスコカップ 予選グループ敗退
天皇杯 準々決勝敗退 ベスト8

清水エスパルス
 
    チョ   マルキ    
             
  藤本       兵働  
  (高木純)       (藤本)  
     枝村  

伊東

   
             
山西   高木和   青山   市川
             
      西部      
 


ここの図がシンプルなのは、メンバーが固定できて、うまくいったから。
それは清水も例外でない。
近年は成績がよくなくて、
去年、満を持して(?)長谷川監督体制を迎えても、
降格争いを演じてしまって。
だから、今年、結果も、内容もよかったために、
躍進だとか、復活だとか、言われる。

その前兆は、リーグでの成績はよくなかったのに、
05年天皇杯で勝ち残って、
06年の元日に浦和と優勝を争ったときから、ありました。
そして、今年は、その流れを継続できた。
システムもメンバーも固定できた。
4-4-2フラット系で、今年J1で最も完成度が高かったのは、
間違いなく、清水。
4+4の、キレイに揃った2ラインゾーンは、
高い守備力を持って、事実、失点の少なさはリーグ2位。
高いレベルで安定していた組織力と守備力とを、チームの下地にして。
4-4-2フラット系の代名詞、サイドから崩す、ワイドなサッカーを可能にした。

基本は、右から。
右ウイングの選手が、サイドでボールを保持すると、
市川がその大外を回って上がり、
絞った左ウイングと枝村が、中央バイタルエリアに顔を出す。
下がってくるマルキーニョスとの相性もよく、
そして、彼らのフリーランは、あくまで、「バイタル経由ゴール行」。
(そうした動きと連鎖して、バイタルエリアを避けながら
斜めにゴール前に飛び出す動きがあったわけですが、いずれにせよ。)
流動性の中にも、はっきりと得点の匂いがする。

特に、清水の右ウイングである兵働が左利きであったことが、大きかった。
背中をサイドラインに、右足をより相手プレッシャーのキツイエリアに、
そして、ノープレッシャーで振り抜けるスペースのあるほうに、利き足である左足を。
利き足と逆サイドに置くことで、
体の角度を中央に保ちながら利き足でキープできて、
中央へのクロスやパスが可能になる。
ただ、先ほど背中と右と左と、3方向の話をしましたが、
一番大きいのは、残りの1つ、正面。
ブラインドサイドを真後ろ(=背中=サイドライン)と右(=相手ゴールライン)に
置くことで、プレッシャーの有無に関わらず大きな視野を確保できる。
って、当たりまえのことをづらづらと書いてしまったわけですが。
ただ、それは、兵働という選手が引き出しの多い選手であったことと、
そして、後方からフォローできる、
「右利きの」サイドアタッカー市川がいたことで、高い効果を発揮する。

その兵働に代表されるように、清水は、若手が奮闘。
兵働、枝村、青山、新人王藤本。
矢島も期待以上の働きでした。
でも、それ以上に、個人的に大きいと感じたのは、
西部や高木和や市川が、高いレベルで安定して計算できるようになったこと。
若いチームの中で、伊東や山西といった経験豊富な選手の役割も
もちろん見逃せませんが、ただ、中堅どころの頑張りも当然必要で、
それが、近年は欠けていた、と思います。
今年は、近年になかった勝負強さを身に付けました。
去年は降格争いをしているわけで、
真に低迷を脱したと言えるのは、来年から。
でも、偶然が積み重なった一過性の強さじゃなくて、
しっかりとしたベースが出来たので、大丈夫だと思います。
06シーズン、ワタシ的に、見ていて最も面白いサッカーをするチームの一つでした。

PR
Post your Comment
Name:
Title:
Mail:
URL:
Color:
Comment:
pass: emoji:Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
trackback
この記事のトラックバックURL:
[40] [35] [37] [36] [34] [33] [32] [31] [30] [29] [28
ブログ内検索
プロフィール
HN:
RS
年齢:
32
性別:
男性
誕生日:
1985/12/27

管理人に100の質問
メールはこちらから。rs1227@hotmail.co.jp
カレンダー
07

09
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31
募集中。
コメント、トラックバック、メール、どしどしどうぞ。
最新コメント
[03/03 RS(管理人)]
[03/03 青く炉]
[01/14 こーむす]
最新トラックバック
リンク
リンクフリー。相互リンク大歓迎。
カウンター
アクセス解析

さかぶろ wrote all articles.
Powered by Ninja.blog * TemplateDesign by TMP  

忍者ブログ[PR]