忍者ブログ
さかぶろ

   




インデックスページ

それっぽい記事(?)は
大体ココにまとめてみました 是非、目次として活用下さい


(07/13) 究極の選択
 
(07/13) 札幌 2-1 福岡 J2第27節
 
(07/10) アジアカップ。 と、鳥栖×草津。
 
(07/04) toto結果 第288回
 
(07/02) オールスター投票に参加してみた
 
(07/01) 横浜C 0-1 千葉 J1第18節
 
(06/29) toto結果 第287回
 
(06/27) toto予想 第287回
 
2019'03.20.Wed
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

2007'07.13.Fri
去年の課題を忘れずに。


J2リーグ 第27節
7月11日(水) 19:03~ 札幌厚別 6,220人
札幌 2-1 福岡
得点者
9分 曽田(札幌)
32分 田中(福岡)
80分 西谷(札幌)


コンサドーレ札幌
 
    ダヴィ   中山    
             
             
西谷   芳賀   大塚   カウエ
       

 

   
             
西嶋   ブルーノ   曽田   西澤
             
      高木      
 

アビスパ福岡
 
      リンコン      
             
久永     アレックス     田中
             
    久藤  

布部

   
             
チェッコリ   宮本   長野   柴村
             
      神山      
 

長丁場のJ2も折り返し、第3クールの初戦。

両チームとも前節からスタメンの変更は無し。
中村北斗は控えに復帰して2戦目。この日も終盤のみの登場。
西谷はこのゲームでJリーグ200試合出場。オメデトウございます。


バックラインからビルドアップしたい福岡でしたが、
札幌の2トップが献身的にセンターをケアし、
サイドに出しても後ろ向きでのプレーを強制させられる。
ポジション的にDFとMFの2ラインの間で
起点となるべきだったアレックスは、
サイドへのフォローで手一杯でした。


札幌は、福岡が保持するボールラインまで下がって
その下に守備組織を敷くため、
福岡が仮にどこかを突破できても
後方に余っている4バックしかフリーにならない。
そのため、密集地を崩すというよりかは
フリーの選手に繋いでいくイメージの濃い福岡は、
バックパスを選択することがあまりに多くなってしまい、
どこかを突破してもバックパスで振り出しに戻ることが多かったです。


ボールを持たされ、攻め手を完全に失った福岡は、
早々に失点してしまい、それからは徐々にサイドチェンジや
DF裏へのロングボールが多くなりましたが、
それらはそもそもチームとして狙っていないためか精度を欠き続けました。

それでも福岡は32分、田中が持ち前のスピードで
高い位置取りの札幌DFライン裏に抜け出し同点に。

ここから札幌がコンパクトを保てなくなり、
攻守の切り替りが激しい展開に。
この時間帯は互角。に見えましたが、
いや、実際に互角の打ち合いでしたが、
しかし、ゴールに向かって仕事をするという点で、
スペースを得た札幌のダヴィ、西谷の
一つ一つのプレーが脅威だったのに対し、
福岡は攻めることはできていましたが
札幌と比べゴールが非常に遠く感じました。


若干落ち着いた後半。
カウンターからダヴィが抜け出して得たPKを
西谷が決めてこれが決勝点となる。
圧巻だったのは2-1とした80分から。
そこからは一転、前から積極的にプレスを行って
福岡にサッカーをさせなかった札幌でした。


決勝点のシーンでもそうでしたが、
この試合は攻めたほうが痛い目を見る試合でした。
どちらもしっかりと守れるから、
ボールを保持して攻める際にはリスクと人数を掛けなければならない。
ショートパスを多用した福岡よりも、
より強固に守って攻めさせて
カウンターに転じることが出来た札幌がやはり優勢でした。


その札幌の守備が維持できなくなって打ち合いになっても、
スペースを得た西谷とダヴィが存在感を発揮する。
振り返ると、札幌の4-4-2システムによるゾーンディフェンス、
つまり、DFとMFのダブルフラットゾーンが
高い位置でコンパクトに維持できていた時間と
そうでない時間とで分かれた試合でしたが、
前者は当然ですが、後者の時間帯において、
一見福岡のペースに見えても、そして実際そうであっても、
少ない手数と人数で脅威を与えることが出来たため、
札幌は福岡を常に上回り続けました。


福岡ですが、昨年のJ1でのそれを思い出してしまいました。
悪くはないけど、ゴールに向かっていけない。
ポゼッションを志向するチームにおいてはよく起こり得る状態なのですが、
少なくともこの試合では、札幌との差はそこにありました。
田中が奪った得点は、大事にしたい形。
確かに札幌にはダヴィや西谷がいます。
(無論、田中や久永やアレックスが
彼らに劣っているとは思っていません。だからこそ。)
ですが、その差は埋めるべきだと思うのです。
J1に留まるのに足りなかったのは、
その部分だったと思うから。

チームも戦い方も変わっているし、
J1に昇格するためにはこれでいいのかもしれないけど、
心情的には、そこだけを狙って欲しくない。
J2では厳しいのは分かっているけど。

ここのところ福岡の調子がいいのは分かっている。
そしてもちろん、この日の札幌は確かに強くて、難しかった。
けれど、福岡は、その札幌を相手にして、
この日以上のものを求められる立場にいます。

PR
Post your Comment
Name:
Title:
Mail:
URL:
Color:
Comment:
pass: emoji:Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
trackback
この記事のトラックバックURL:
[98] [97] [96] [95] [94] [93] [92
ブログ内検索
プロフィール
HN:
RS
年齢:
33
性別:
男性
誕生日:
1985/12/27

管理人に100の質問
メールはこちらから。rs1227@hotmail.co.jp
カレンダー
02

04
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
募集中。
コメント、トラックバック、メール、どしどしどうぞ。
最新コメント
[03/03 RS(管理人)]
[03/03 青く炉]
[01/14 こーむす]
最新トラックバック
リンク
リンクフリー。相互リンク大歓迎。
カウンター
アクセス解析

さかぶろ wrote all articles.
Powered by Ninja.blog * TemplateDesign by TMP  

忍者ブログ[PR]